ブランディアの特長を調べる

ブランド品の洋服の古着買取を進める場合には、ブランディアがお勧めです。

ブランディアはネットから宅配サービスを利用し、洋服を送付する事で、査定額を出してもらい、売却を進めるという方法となります。

年式やデザインよりも、ブランドである事が買取の条件となっていますから、ブランド品であるならば、ブランディアでの古着買取を検討してみると良いでしょう。ファストファッションと呼ばれる、ユニクロやGAPなどの洋服は取り扱いしていません。ブランディアのサイトをチェックする事で、買取可能となるブランドであるのかをチェックする事ができますから、ブランディアで買取不可となってしまう洋服を送ってしまうというリスクを避ける事が可能となります。

ブランディアは、段ボールや配送料、返送料やキャンセル料など、全て無料となっていますから、まずは査定額を調べ、他店と検討したいと考える場合にお勧めです。

査定にかかる日数も非常に早く、最短で3日で入金となりますから、急いでお金を用意したいと考える場合にも便利です。古着買取だけではなく、靴やバックなど、ブランド品であれば、様々な物を買取していますから、まとめて段ボールに梱包する事で、自宅にいながらでも売買を成立させることが可能となります。

汚れている物であっても、対象ブランドであれば、買取可能となる場合が多く、査定額が出るのかどうか、迷っている場合であっても、ブランディアでの査定を依頼してみると良いでしょう。

 

フクロウの特長とは

古着買取店であるフクロウも、ブランディアと同じように、配送料や返送料など、全て無料で洋服の売却をする事ができる、宅配サービスを取り入れた買取店舗となります。

ですが、ブランド専門買取店となりますから、ファストファッションと呼ばれているブランドや、ノーブランドである場合には、買取をしてもらう事が難しいとされています。

フクロウの買取の基準としては、5千円以下で購入した洋服の場合、買取不可となってしまう事が多いとされていますから、ある程度のブランドがついていないと、古着買取をする事ができないと考えると良いでしょう。

フクロウは、宅配サービスだけではなく、店舗での持ち込み査定も行っていますから、自宅近くにフクロウの店舗がある場合には、フクロウの店舗へ持ち込みにて、古着買取を行う事も良いでしょう。

フクロウの特長としては、迅速、そして、どこよりも高値での売買をモットーとしているため、様々な店舗で買取価格を比較し、最終的にフクロウで売却を進めるというような人も少なくありません。

フクロウで古着買取不可となる洋服としては、一度でも使用した靴下や下着、ハンカチやタオルは、確実に買取不可となりますし、破けている物やボタンが取れている物、タグが付いていない洋服や、毛羽立ちや毛玉が目立つものなども買取不可となりますから、まずは売却予定となるのかどうか、洋服のブランドと、状態を確認し、フクロウでの買取が可能となるのかどうかをチェックして見ると良いでしょう。

 

ZOZOTOWNを利用する

ZOZOTOWNは、非常に大きなファッションブランドサイトであり、古着買取にも力を入れています。

ZOZOTOWNで洋服を購入する場合には、ネットからのみ購入する事ができますから、古着買取を依頼する場合にも、宅配サービスのみの取り扱いとなります。

ZOZOTOWNの特長としては、古着買取を依頼した場合、現金ではなく、ポイントと交換をするのであれば、最短2日で、査定が完了となるという事です。

ポイントとの交換の場合には、現金よりも、5パーセント上乗せ査定をしてもらう事ができますから、少しでも査定額を高くしたいと考える場合にはお勧めとなります。ですが、買取を行っているブランドには限りがあり、ノーブランドとなる物は、買取を行っていませんから、注意が必要となります。

たとえブランドの名前がついていたとしても、定価が3千円を下回る場合には、買取額が10円となってしまう事になりますから、定価自体が安い洋服は、ZOZOTOWNでの買取はお勧めしません。

ZOZOTOWNのホームページをチェックする事で、取り扱いをしているブランドであるのかをチェックする事ができる、検索機能がついていますから、事前に買取可能となる洋服であるのかを確認してから売却を進める事が可能となります。

申し込みは、非常に簡単となり、申し込みを行い、リユースバックや段ボールなどに詰めて送るだけで、査定が完了となれば、メールで連絡が来るシステムとなっていますから、どんな人にもわかりやすく、宅配サービスを取り入れる事が出来るとされています。

 

ドロップの特長を調べる

ドロップは、ナチュラル系古着買取店となっています。

一般的な古着買取店との違いとしては、大手のブランドの買取を積極的に行っているのではなく、自然派のイメージを持つブランドの買取に力を入れているという事です。

自然派と言われてもピンと来ない人もいるかと思いますが、オーガニックである製品や、派手な色合いではない洋服の買取を行っている買取店となります。ですが、ノーブランドではなく、ある程度知名度がある洋服の買取を積極的に行っています。日本のブランドで言うと、あしながおじさんや、無印良品、一澤帆布の製品などの洋服となります。

ドロップには、洗濯ソムリエと呼ばれる人がおり、洋服にシミや汚れがついてしまっているような状態でも、買取可能となっています。

シミがついているからまだ着られるけれど捨ててしまおうと考える服であっても、ドロップであれば、買取可能となりますし、持ち込みを依頼しても、ルール違反となってしまう事はありません。古着自体をあまり清潔感がないと感じてしまう人が多いため、ドロップで古着買取を行った後は、洗濯ソムリエがしっかりと洗濯をし、綺麗な状態にしてから、売却が進められることになります。

宅配サービスは、もちろんすべて無料となりますが、店舗を2店舗構えていますから、持ち込み査定を依頼する事も可能です。

LINEを利用して、古着買取を進める事も可能となるサービスも取り入れていますから、様々な年代に活用しやすい古着買取店であると言えるでしょう。

 

ツーハンズの特長とは

ツーハンズは、ブランドからノーブランドまで、様々な洋服の古着買取を行っているリサイクルファッション専門店となります。

ツーハンズでの古着買取の基準としては、買取をした洋服が、すぐに人手に渡っても、そのまま着用する事が出来るかどうかという点が基準となります。そのため、シワシワであったり、シミや汚れ、臭い汚れなどがついているような状態である場合には買取不可となってしまう事が多いとされています。

買取金額はそれほど高額となる古着買取店ではなく、査定にも日数がかかってしまう事が多いのですが、様々な洋服の取り扱いをしていますから、状態さえ悪くなければ、買取可能となる場合が多いとされています。そのため、少しでも高値で売却を進めたいと考える人には不向きとなっており、リサイクル程度に考える人に向いている買取店となっています。

ツーハンズでは、買取をした洋服を現金にした際に、そのまま募金としてユニセフなどに送る手続きを進めてもらう事も可能となります。買取金額はそれほど高額とならない場合であっても、洋服で募金をする事ができるのであればと考え、査定を依頼する人も多いとされています。

ツーハンズでは、シーズン外の洋服であっても、メンズ、レディース、キッズを問わず、様々な洋服の買取を行っていますが、ノーブランドの中でも、取り扱い不可となってしまう洋服もありますから、査定を依頼する際には、買取不可である事がわかっている洋服を査定に出すことがない、注意しましょう。

 

ブックオフを利用する

ブックオフでは、ブランドからノーブランドの洋服まで、様々な古着買取を取り入れています。

査定を依頼する際には、洋服をまとめて店舗に持ち込みをするか、自宅にスタッフを招き、自宅で査定をしてもらうかを選ぶ必要があります。

自宅で査定を行う、出張買取の場合、その場で査定をしてもらう事ができ、その場で現金も手に入れる事ができるため、小さい子供がいて外出できない人や、洋服が大量にあり過ぎて、持ち込みをする事ができないと考える人にお勧めの査定方法となります。

ブックオフで古着買取を進める場合、指定されているブランドであれば、高額買取が可能となります。一流のブランド専門店とは異なりますから、ブックオフで指定されているブランドの方が、良い値が付く場合が多くなっています。

ブックオフで売却を進める場合には、クリーニングに出す必要はありませんが、自宅で洗濯をしてから査定を依頼する事が、ルールとなります。

持ち込み査定を依頼する場合、非常に混雑している事が多いため、持ち込み査定を依頼する場合には、ある程度時間に余裕を持って、持ち込み査定を依頼すると良いでしょう。

ブックオフは、古着買取店を全国に展開していますから、持ち込みをする事ができる距離にブックオフがあるという人は非常に多いとされていますから、売却価格を参考にもしやすいですし、査定を待っている時間に、お気に入りの洋服に出会う事が出来る場合も多いとされています。

当サイトの古着に関する知識は、こちらの古着買取ラボというサイトを参考にしています。