古着買取によくあるトラブル

古着買取に良くあるトラブルとしては、売買が成立した後に、売却をやめたくなってしまい、契約をなかったことにしたいと伝えるようなトラブルが非常に多いとされています。

一度現金を手にしてしまった後は、その契約をなかったことにしたいと伝えても、洋服を取り戻すことができない場合が多いとされています。そのため、本当にその洋服を売却しても良いのか、価格に納得をした上での売買となるのか、よく考えた上で取り引きを行う事が大切となります。

その他にも、自分自身では本物のブランドであると認識している洋服であっても、実際に売却を進める場合には、偽物の疑いがある事で、売買を断られてしまうような事もあります。

海外で購入した洋服や、日本に未入荷となっているような洋服、アウトレットなどで購入した洋服など、本物であるのかどうかを確認する事ができない古着買取業者も多く、買取不可となってしまう事もあるのです。

正規店での購入であっても、本物であるのかどうかわからないと言われてしまうと、トラブルに発展してしまう事が多いのですが、古着買取店によっては、買取可能となる店舗もありますから、1つの店舗に固執するのではなく、様々な店舗に査定を依頼すると良いでしょう。

どんな洋服でも買取可能としている古着買取店は非常に多くありますが、自分自身でリメイクしているような洋服は、買取不可となってしまう事が多い店舗がほとんどとなりますから、洋服を査定に出す際には注意しましょう。

 

古着買取のルールを調べる

どんな洋服でも買取可能としている古着買取業者は非常に数多くありますが、古着買取店に洋服を持ち込む場合には、その洋服の状態を確認した上で査定に出すことがルールとなります。

洋服を売却するという事は、その洋服を着たいと思う人がいるかどうかを考える事が大切となります。

デザインではなく、洋服の状態を確認し、よれよれであったり、ボタンがいくつか取れてしまっている物や、破けている物や、大きなシミが付いている物などは、買取のルールとして、査定に出すことはやめましょう。古着買取業者としては、買取をした洋服は、自店で売却をするか、転売をするか、リサイクルとしてゴミに出すことになります。

状態がひどい洋服の場合、査定額が付かないまま、ゴミとしてリサイクルに出される事になりますから、ある程度状態が良い洋服のみを古着買取店に売却するようにしましょう。人によっては、ゴミのような洋服を大量に持ち込み査定を依頼するような人もいるのですが、そのような行為は買取のルール違反となりますから、注意しましょう。

古着買取業者には、店舗によって独自のルールがあり、そのルールに則って買取価格を決めていますから、どんな服でも買取可能としている店舗である場合には、処分対象となる洋服をグラムで買取して、お店の経営が赤となってしまう事がないように考えられています。そのため、自分自身で価値がないという事がわかっている洋服は、個人で処分する事が、買取のルールとなります。